多くの漢たちが一度は夢見る「セフレ」という関係。

セフレができれば、都合の良い時にヤレるし、彼女のような煩わしさは無い。

そんな「漢のステータス」とも言えるセフレを作るための方法を、このサイトでは伝授している。

申し遅れたが、管理人である私は「あらゆるセフレを作る方法」を試し、実際に多くのセフレを作ってきた実績と自信がある。

このサイトには、そのすべてのノウハウを惜しみなく書き記しているので、

これを読めば今まで全然セックスできなかった人でも、簡単にセックスをし、セフレを作ることができるだろう。

ぜひ最後まで熟読し、実践してほしい。

「出会い系」を使うのが一番簡単でセフレを作りやすい

結論から言おう、手っ取り早くセフレを作りたいなら「出会い系」を使うのが一番だ。

管理人が数々のセフレ作りのために色々試してきたが、出会い系が一番セフレを作りやすく、なおかつ簡単である。

もちろん、初心者にもオススメだ。

出会い系でセフレを作りやすい理由もある、わかりやすく4つのポイントでまとめてみたので、まず目を通してほしい。

【理由1】女側が出会いを求めている(出会えやすい)

出会い系でセフレを作りやすい一番の理由は「女側が出会いを求めている」ということだ。

今まで、セフレを作るためにナンパや街コンなどに参加をしていたが、非常に効率が悪かった。

その理由としては、「女が出会いを求めていない」ことが多いからである。

ナンパをしていて、どんなに話ても無視をされるのは、女が出会いたいと思っていないから。

その点、出会い系に関しては、出会いたい女しかいないため、非常に効率が良いのだ。

【理由2】セフレ募集中のワリキリ女が多い(セフレにしやすい)

出会い系を長く利用していると、意外
にもセフレ募集中のワリキリ女が多い。

実際に、ワリキリ女と出会いセフレにした経験があり、募集をしていた理由を聞いてみた。

理由としては

・お互い知らない人同士が会うので使い勝手が良い

・知り合いをセフレにするリスクが高い

・リアルでは女はセフレを探しにくい

などと言っていた、要は女側からすると、出会い系でセフレを探すのは簡単にセフレを探しやすいということ。

出会い系は、女側もセフレ探しに向いている最強コンテンツなのだ。

【理由3】ノウハウを使えばだれでもヤレる(初心者でも簡単)

出会い系は、セフレを作ったことがない初心者でも、ノウハウを使えばだれでもヤレることができる。

なぜなら、出会い系はネットのコミュニケーションであり、時間を使いながらノウハウを駆使することができるからだ。

要は、ゲームを攻略本を見ながらクリアのと一緒。

リアルで初対面の状態で会うナンパは、経験を積み上げたスキルが無ければ仲良くなることが難しいだろう。

しかし出会い系であれば、友達以上の関係になった状態で出会うことができ、最初から仲良くなっている状態、イージーモードなのだ。

スタートラインが全く違うのである。

出会い系のセフレ作りノウハウを使えば、だれでもカンタンにヤることができるのだ。

【理由4】いちばん費用対効果が良い(お金がかかりにくい)

出会い系でセフレを探す良いところは、完結に言うと他の出会い方と比べ、お金がかかりにくい。

街にあるクラブ・合コン・相席屋などの「女と出会える場所」に行くと、最低でも5000~10000円はかかり、また仲良くなる保証は確実ではない。

経験から、連絡先を交換でき仲良くなる確率は10%も満たないだろう、要は1人仲良くなるだけでも5万~10万かかってしまう。

しかもそこからセフレにする確率はもっと低い。

しかし、出会い系なら無料ポイントを上手く使えばかなり安く済むし、成功率も他の方法よりも確実に高い。

どんな女と出会う方法においても、費用対効果が良いとえる。

より確実に出会い系でセフレを作りたい人はコレをやれ!

出会い系で、確実にセフレを作りたいのであれば、行ってほしいことがある。

それは、月1000~2000円課金をして利用するということ、これだけで出会える確率が格段に上がるのだ。

月数千円で、効果は何倍も違うことは知っておいてくれ。

実際、無料内で行って出会えないわけでもないが、一日にやりとりできるメッセージに限りがあり

女のモチベーションが落ちてしまい、非常にもったいない。

以前、管理人も最初は無料で出会おうと奮起したが、メッセージ制限で返信が遅くなり、女からの連絡が途絶えてしまうケースが多々あった。

今思うと、課金をしてから、以前の制限されてた時間が確実にムダだったと断言できる。

もし、ソシャゲに課金してるなら、1か月だけでも出会い系にその課金代を回したほうが良い、そのくらい本気になった方が、何人との女とセックスできる。

ちなみに、課金をしたとしても、ほかのセフレを作る方法はもっとお金がかかるものが多く、成功率や費用対効果を考えると一番出会い系が良い。

出会い系でセフレ探しを始めるなら、確実に課金をブースト替わりだと思い使ってくれ。

その他のセフレを作る方法10選!

※このリード文をそのまま使って下さい※

上記で述べた「出会い系」が、初心者でも簡単にセフレを作れるし、お金もかかりにくいのでオススメだ。

しかし、世の中にはセフレを作る方法には様々なものが他にもある。

ここでは、出会い系以外のセフレを作る方法10選をご紹介していこう。

ただし、基本的にはどれも初心者向けではないし、玄人でもなかなかセフレを作りにくい方法もあるので注意してくれ。

クラブでナンパしてセフレにする

セフレを作るのに、オーソドックスな方法としてナンパがあり、また代表的な場所と言えばクラブだろう。

クラブは出会いを求めている女や、軽そうなパリピ女がいるのでナンパしそのままホテルに連れ込むパターンである。

お酒も入るため、ナンパには比較的難易度は低めの場所だ。

ワンナイトラブという言葉があるくらい、クラブナンパからのセックスは定番であることが言える。

以前クラブナンパしてセフレを作った経験から、メリット・デメリットをお伝えしよう。

クラブナンパのメリットやデメリット

クラブナンパのメリットは女が「クラブ=ナンパ」と認識しているためナンパが成功しやすく

ナンパ初心者でも、気軽に話かけて会話が弾みやすい。

人ゴミの中で音楽がガンガン流れているため、ボディタッチがしやすくエッチな雰囲気も作りやすいのも特徴だ。

クラブ周辺にはほぼ必ずラブホテルがあるため、そのままお持ち帰りするのもスムーズに行える。

しかし、クラブナンパのデメリットとして、男女比が極端に偏り女が少ない場合がある、

業界用語で「男祭り」と称されるくらい男であふれてしまうケースだ。

女が少ないと、工業高校のブスな女を取りあうような醜い事態に発展してしまう。これは実際に行かないとわからないので完全に運任せだ。

どこのクラブが何曜日に混むのか?男女比率はどのくらいか?などを知るためにも、最初は何回か通わないといけないのもデメリットのひとつだろう。

クラブナンパでセフレを作る攻略法は?

上記の内容を踏まえて、クラブナンパでセフレを作る攻略法についてだが、

これは結論から言うと「場慣れする」「後日アポを取る」以外ないだろう。

理由としては、クラブというのは特殊な空間であり、初めて行った場合、雰囲気にのみ込まれてしまうのが普通だ。

なので、最初からナンパが成功してセフレを作れる!と思って行動すると大体失敗してしまう。

しかし、何回か通うごとにナンパは簡単にできるだろう、理由としてはナンパをしていても誰もなんとも思わないからである。

他の場所でナンパをすると、周りの目がどうしても気になってしまうが、クラブに関してはそんなことは一切ない。

また、女側もナンパされることには慣れているので、会話さえ弾んでいればすぐに仲良くなれるはずだ。

あとはLINEを交換して、後日居酒屋などに連れていくのが王道パターンだろう。

なぜ、後日アポを取る必要があるのか?それは、ワンナイトしてしまうと、女側は特別扱いされてないと思い、

次に繋げることが難しくなってしまうからだ。

クラブ当日にワンナイトするとほぼセフレにするのは難しく、セフレにしたいのであれば、別日に遊んだあとヤるのがオススメ。

セフレにしたい場合、遊んだ時に特別感を出してあげることで「また会いたい」と思わせるようにしよう。

しかし、ワンナイト希望で動くのなら、まだしもクラブでセフレを作るというのは、時間も労力も使うためあまり基本はオススメはできない。

ストリートナンパをしてセフレにする

クラブ次に、ナンパをする場所としてはストリート(街中)がある。

街で歩いている女に声をかけて、ナンパをし連絡先を交換する、その後、仲良くなったところでセフレにする方法だ。

クラブでナンパと比べると敷居が高いように思うが、ストナンにもメリットが存在する、

しかしデメリットもあるので合わせて理解してくれ。

ストナンのメリットやデメリット

ストナンの一番のメリットといえば、なんといっても「お金がかからない」ことだ。

どんなに街で声をかけてもタダだし、女は無限にいるので、いつでも街中で気軽に行うことができ選び放題である。

ただ、ストナンには相当な忍耐力が必要。

デメリットとして、確実にメンタルが削られることは覚えておこう。

基本的に女には無視されるのが当たり前だし、まわりからも白い目で見られるのはマスト。

そんな状況でどんどん声をかけるのは、中々の強靭メンタルが必要になってくるだろう。

このように、ストナンはメンタル強者が行うセフレ作りと言えるだろう。

しかし、そこまでメンタルが削られない攻略法もあるので説明しよう。

ストナンでセフレを作る攻略法は?

ストナンでセフレを作る攻略法としては「暇そうな女」を狙うと効率は倍増、

また、メンタルも削られずにすむことが多い、どんなタイプの女か説明しよう。

実際に、街中で歩いている女を観察していると、ある事に気づく。

それは「目的があって歩いている女」と「暇そうにフラフラ歩いている女」の2パターンに分けられることに。

このタイプの違いを見分けるには、歩くスピードを見るとわかりやすく

もちろん、狙うのは遅く歩いているフラフラ歩いている女だ。

このタイプに話しかけると、話を聞いてくれる可能性が高く、上手く行けば連絡先も交換できる。

暇なので誰か構ってくれる人を待っている場合は、チャンスだ。

そのまま飲みに行き、ヤることもできるからだ。

しかし、実際にはナンパ自体は時間に対しての費用対効果は悪いので、時間が本当に余っている人向けと言える。

正直、同じ時間があれば出会い系で、倍以上のセフレを作ることができるだろう。

相席屋で出会い、セフレにする

最近、巷で流行の「相席屋」はご存知だろうか?

簡単に説明すると「知らない男女が相席で一緒に飲める居酒屋」のことである。

相席屋の一番の特徴として、女性が無料で利用できるため、いつ行っても女がお店にいることだ。

言い方が悪いが、接客のしない素人キャバクラみたいに思ってもらうとわかりやすいだろう。

そして相席屋は、セフレ探しにうってつけの場所でもある。

相席屋のメリットやデメリット

セフレ探しとして相席屋のメリット・デメリット踏まえて詳しく説明しよう。

まず、メリットとして「いつでも素人女と飲める環境」を提供してくれるため、非常に効率が良い。

例えば、ナンパして女を捕まえ、飲みに行くまでに相当な時間を要してしまうが、相席屋の場合、飲みから始まるので展開が早い。

また、出会いスポットして利用されているため、女側もノリが良い場合もある。

この環境を5000円で提供してくれるのが、相席屋の人気の秘密だろう。

しかし、デメリットも存在する。

それは「タダ飯を食べにきてる女」が一定数いることだ。

これは、実際に利用した時の話だが、女性側が全く話す気がない場合がある。

大体が、入った瞬間に食べ物にがっついているので、見た瞬間「あーはずれひいた」と感じるだろう。

しかし、相席屋のシステムとして女性はタダで利用できるので飲み食いし放題は違反ではない。

相席する女はこちら側からは選択できないため、ランダムで当たってしまうと避けることはできない。

この場合、5000円は確実に飛ぶので覚悟しておいてほしい。

ただ、このデメリットさえなければセフレ探しとして優秀な面もあるので、攻略法をお伝えしていこう。

相席屋でセフレを作る攻略法は?

相席屋でセフレを作るには、結論からいうと「相席屋に初めてきた女」を標的にすることだ。

初めて相席屋を利用する女は、非常に浮かれており、流れを知らないため、こちらの思惑通りに動いてくれる可能性が高い。

逆に、何回も利用したことのある女は、連れ出そうとすると「めんどくさい」など言われて終わってしまう。

飲む⇒連れ出される⇒ホテルなどのパターン化しているのをわかっているため、よほど気に入ってもらわない限り、外に誘いにくいのだ。

また、男をバカにしている節を感じるため、相席屋を何回も利用している女自体スルーした方がいい。

なので相席屋に初めてきた女を狙うのがマスト、そこからホテルに連れていくのも比較的スムーズにできるだろう。

この時に、相席屋で話したことを良く覚えておくのが、セフレにする一番の方法だ。

後日、趣味などの話を聞いたあとに「あの映画見たら面白かったよ」など連絡をこまめに取り続けよう。

そうすると、次会う口実が生まれてくるので、デートに行きやすい。

一度、居酒屋⇒ホテルに行った経験があるので、そのままセフレを作ることが可能になる。

ただ、この方法だと初めてきた女と当たるまで、相席屋を利用し続けないといけないため、かなりの金額がかかってしまうだろう。

費用対効果としては、出会い系の方が確実に良いのは明確だ。

合コンで出会い、セフレにする

男女の出会いといえば、合コンも鉄板のイベントのひとつ。

合コンをセッティングしてもらわないと始められないが、もし行く機会があるなら

セフレ探しに利用するほかないだろう。

しかし、合コンからのセフレ探しは、難しいと思われがちだ。

ただ、やりかた次第でセフレを探すには適しているので、下記で説明していこう。

合コンのメリットやデメリット

合コンのメリットといえば、初めから知り合いの状態でスタートできるということだ。

企画した人の、知り合いの知り合いなので、気兼ねなく接することができ全くの初対面とは違い仲良くなるのが早い。

また、事前に情報を仕入れていえば、話のネタに尽きず、親近感を出すことができ仲良くできる。

この流れでいけば、連絡先を交換することは造作でもないし、後日飲みからのセックスまでこぎつけるだろう。

しかし、デメリットも存在する。

それは、知り合いであるがゆえ、下ネタなどのトークやセフレとしての調査がしにくい点だ。

どうしてもセフレを作りたいのであれば、会話に下ネタを挟みエロ度などを図りたいが、知り合いとの関係性を気にしまいがちだ。

ただ、そんなデメリットも回避できる、合コンでセフレを作るための攻略法をお伝えしよう。

合コンでセフレを作る攻略法は?

合コンでセフレを作りたいのであれば、「単独プレイで一人にターゲットを絞る」ことだ。

合コンはチームプレイをしなければいけない!と思われがちだが、正直それだと飲み会になってしまうのが関の山。

実際に、チームプレイで盛り上げたところで、面白かった飲み会という印象しか与えられない。

そうならない為にも、ここは一人にターゲットを絞ってせめることが、セフレを作る鍵になる。

ターゲットを一人の女に絞ったら、とことん相手に興味があるように話しかけよう。

そうすることで、興味を示していれば自然に仲良くなることができる。

大体、合コン後は一応連絡先を交換することが多いが、もしセフレを作りたいのであれば、ターゲットを絞った女だけに連絡をしよう。

そのあと、口説き落とすのが王道パターンだろう。

しかし、時間とお金もかかるし合コンでタイプの女が来るとは限らないので、正直効率はあまりよくない。

実際、その時間を使いながら、出会い系をやっていた方が賢い方法だろう。

SNSでナンパしてオフパコ⇒セフレへ

いまや、SNSをやっているのが当たり前の時代。

その中で、SNS上でナンパというのも、出会いジャンルの一つになっている。

また、SNSで更新頻度が高い女はかまってほしい欲が強く、セフレにするのに向いているタイプが多い。

そこを利用して、オフパコからのセフレにする方法をお伝えしよう。

まず、SNSナンパはTwitterかInstagramが基本であるが、今回はTwitterでのナンパからオフパコについて説明する。

SNSナンパのメリットやデメリット

SNSナンパのメリットは「かまってちゃん」を見つけやすい点だ。

上記にも説明しているが、SNSの更新頻度が高く、自撮りをしている女は、95%以上がかまってほしい欲が強い。

このかまってちゃんは、気にかけてくれる優しい人であれば、だれでも股を開く習性がある。

なので、更新頻度が高い女を見つけたら、ほぼやれる可能性の女を、カンタンに見つけることができるというわけ。

しかし、SNSナンパは最近の流行でもあるため、「かまってちゃん」の需要もある。

なのでSNS上で、必死にメッセージを送らないといけないというデメリットも存在する。

ただ、ここまで必死にならずとも、かまってちゃんに対してオフパコまでこぎつけセフレにする方法がある、その攻略をお伝えしよう。

SNSナンパでセフレを作る攻略法は?

SNSナンパで、セフレを作る攻略としては「新参かまってちゃん」を見つけ出すことだ。

この新参かまってちゃんというのは、アカウントを開設してから間もない自撮り女のことである。

SNSというのは、フォロワー数がすべてである、数が多ければそれだけ見られているし、ナンパしてくる男も多いだろう。

しかし、新しく始めたアカウントというのは、見ている人も少ないため、ナンパの競争率が極端に低くなるのだ。

なので、Twitterを毎日開き、この「新参かまってちゃん」探し出し、片っ端からメッセージを送ろう。

メッセージが帰ってくれば、あとは褒めまくってオフパコの日程を決めればいいだろう。

基本的に構ってほしい欲が強いので、こまめにメッセージを送り優しくしているだけで、あっちから好きになってくれる。

かまってちゃんは、依存性が高いため、一回セックスできれば、セフレにするのもカンタンにできるだろう。

しかし、この方法だと毎日Twitterパトロールをしないといけないし、かなりの時間を使ってしまう。

またSMSナンパの場合、写りが良すぎる詐欺的な写真を使っている場合がほとんどなので、覚悟して会うように。

出会い喫茶・出会いカフェでセックス⇒セフレへ

アナタは「出会い喫茶」や「出会いカフェ」というものをご存じだろうか?

簡単に説明すると、「マジッミラー越しにいる女を選び、個室で交渉、そのあとデートに行く」というお店のことだ。

詳しくはココを読んでもらえばすぐにわかると思う ⇒ https://cafe-kirari.com/beginner

表向きは「デートするための交渉の場所」という感じにしているが、実際のところ、ここにいる女の9割はエ〇コーが目的だ。

つまり金を払えば高確率でセックスできる。

ここにいる女を上手く落とし、セフレにするのだ。

メリットやデメリット

まず、出会い喫茶・出会いカフェのメリットとしては、「金さえ払えばヤラせてくれる女」がたくさんいるということだ。

「ある程度お金がかかってもいいから、とにかくセックス(本番)したい!」という人にはかなりの好案件といえるだろう。

しかし、大きなデメリットがある。

出会い喫茶・出会いカフェにいる女は「完全ワリキリ」女が多く、こちらを「客」としてしか見ていない場合が多い。

なので、セフレ(タダでヤラせてもらう)にまでなりにくいのだ。

また、初回は金を払わなければ確実にヤラせてくれないので、最低でも20000円ぐらいは払わなければならない。

このように、出会い喫茶・出会いカフェは「かなり難易度の高いセフレを作る方法」といえるだろう。

しかし、実際のところ攻略法はある。

攻略方法は?

では、こんなに攻略が難しそうな出会い喫茶・出会いカフェでは、どうやってセフレまでもっていけばいいのか?

その攻略の糸口は「メンヘラのみを狙うこと」にある。

結論から言えば、「メンヘラの愚痴を聞いて心を開いてもらい、そこから依存させ、セフレにする」のだ。

ハッキリ言って、かなり難易度が高いといえる。

しかし、実際に管理人の体験談になるが、「ヒモの彼氏を養うために、出会いカフェでウリをしているメンヘラ」に出会い、心を開かせ、セフレにしたことがある。

彼氏持ちメンヘラの特長として、「彼氏が浮気してないか?」ということに異常なまでに執着しており、会話の95%はその話だ。

※ちなみに多くの場合、メンヘラの彼氏は100%浮気をしている。

その愚痴などを徹底的に聞き、メンヘラから「この人は話を聞いてくれる」という状態までもっていった。

そうなれば、あとはカンタン。

LINEなどで愚痴をこぼしてきた際に、「直接話聞くから、とりあえず会おう」と言い、ラブホで話を聞くのだ。

その際、簡単にセックスできるという仕組みだ。

ただし、この方法でセフレを作るのは、再現性が低いうえ、労力と金もかかる。

というのも、何回も出会いカフェに行かなければ、なかなか当たりを引くことは難しいからだ。

これだったら、出会い系でさっさとセフレを探したほうが簡単だし、お金もかからない。

職場・学校・バイト先の女を落としてセフレにする

身近な環境にも、セフレを探す方法はある。

たとえば、職場・学校・バイト先にいる女を口説き落とすパターンだ。

身近にいる女なのでどんな性格をしているかなどは分かり、セフレにしやすい性格かどうか見分けがつきやすい。

そこを利用して、身近な環境からセフレ探しを行うのだ。

危険な行為だと思うが、実は女の性格をしっかり理解していれば安全にセフレを見つけることができる。

下記で説明していこう。

メリットやデメリット

職場・学校・バイト先の女を落としてセフレするメリットは、「セフレにしやすいかどうか判断しやすい点」だ。

ほぼ毎日、顔を合わせる環境にいれば、どんな女かわかりやすい。

まず、セフレになりやすい女というのは「寂しがりや・性欲が強い」など特定の条件を満たしていないといけない。

どんな狙いたい女がいても、自立していて性欲が薄い場合、セフレにすることはほぼ不可能だろう。

しかし、この職場・学校・バイト先の女がセフレにしやすいか判断できても、失敗できないというデメリットがある。

同じ環境でいる仲間なので、セフレにならないか?っと言われた、など噂を広められた日には大変なことだ。

ただ、こうようなデメリットが起きないためにも、攻略法がある。

攻略法は?

職場・学校・バイト先の女を落としてセフレする場合、結論から言うと「おとなしいめ孤立女」を狙うことだ。

どの環境にも、女の集団に溶け込めず一人だけ浮いている女がいる経験はないだろうか?

このおとなしいめ孤立女は、溶け込めない環境から、だれかに認められたいという欲求が強い傾向がある。

また、下心があったと見抜かれても、孤立しているため噂を広げる環境にいないので、デメリットも回避できる。

孤立しているところを、優しく声をかけてあげることで、カンタンに心を開いてくれるだろう。

仕事や学校の相談と称して飲みにいくのアリだ、そのタイミングで以前の彼氏の話などを聞き性欲が強いかチェックしよう。

これで性欲が強いのが確認できれば、確実にセックスすることは可能だろう。

認められた感+性欲を満たせるセフレを作れるというわけだ。

しかし、職場・学校・バイト先でセフレを作る場合、最終的に彼氏になってほしいという言われる率もかなり高く

環境をすぐに変えれない場合、やはり危険なセフレ探しにはなるだろう。

一人のセフレのために、人生を棒にふる可能性すらあるので、あまりオススメはできない。

キャバクラでキャバ嬢を落としてセフレにする

水商売の女は、セフレにしにくいと思われがちだが、意外にも攻略しやすいタイプの女が多い。

楽しくお酒を飲む間でどうやったらセフレにできるのか?

それは、お客さんという目線で見られないようにすることだ。

お客として見られているうちは、まず友達にすらなれないだろう。

また、キャバ嬢をセフレにするメリット・デメリットが存在するのでしっかり確認するように。

キャバ嬢を落としてセフレにするメリットやデメリット

キャバ嬢を落としてセフレにするメリットは「セフレとして長く付き合える」ことだ。

キャバ嬢というのは、割り切った考え方で働いている女が多い。

例えば、昼間の会社員では給料が足りていない・お金の為だけに働いている、などの場合だ。

裏と表を上手に使いわけられる女しか、働くことができない。

なので、彼氏がいたとしてもセフレとしての環境を長く続けられ、セックスするだけの関係とワリキリができるのだ。

しかし、デメリットもあり、普通の女より非常にお金がかかるという点だ。

奢ってもらうのが当たり前だと思っているし、お金を稼いでいないと関係性を続けるのが難しい点もある。

ただ、そこを差しおいても、キャバ嬢をセフレにするメリットが大きいだろう。

キャバ嬢を落としてセフレにする攻略法は?

キャバ嬢を落としてセフレにする攻略法としては「お客以上の深い仲になる」ことだ。

キャバクラに行ったことがある人は分かるだろうが、キャバ嬢はお客の話を聞き盛り上げてくれる。

しかし、その状態で楽しんでいては、一向にお客さんという立ち位置から脱することはできない。

セフレにするためには、キャバ嬢とお客以上の深い仲になる必要があるのだ。

そのためには、最近の悩みを聞いてあげることがセフレにする最も早い攻略法だ、特にオススメなのは「人間関係の悩み」である。

人間関係は、生きている以上一番の悩みのタネだ、キャバ嬢がいつもと変りがなくても、「最近なんか悩んでる?人間関係とか」と聞いてみよう。

キャバ嬢から悩み聞けたら、ラッキーだ、その悩みをひたすら聞こう。

そうすることで、お客以上の悩みを打ち明ける関係になり「もっとしっかり聞いてあげるよ」と飲みに誘うことができる。

あとは、そのまま酔った勢いでホテルに連れていけば良い。

しかし、この方法でキャバ嬢をセフレにするまで、少なくとも数十万くらいのお金はかかることを覚悟しといてほしい。

金銭的な余裕がない人は、割り勘ですむ女を出会い系で探した方がいいだろう。

デリヘルやピンサロで風俗嬢を落としてセフレにする

水商売の女は、セフレにしやすいと上記で説明したが、特にセフレにしやすいのは風俗嬢である。

理由は、水商売の中でも風俗嬢がメンヘラ率が高い傾向にあるからだ。

メンヘラはかまってほしい上に、依存性が高いため一度好かれたらこっちの言いなりになりやすい。

また仕事で、身体を商売にしているのでセックスが好きな傾向も強く、セフレにするならもってこいの逸材だ。

実際に風俗嬢をセフレにした経験をもとに、メリット・デメリットを説明していこう。

風俗嬢を落としてセフレにするメリットやデメリット

風俗嬢を落としてセフレにするメリットは、なんといっても「どんなプレイでもヤラせてくれる」という点だ。

もともと、セックスが好きなので、どんな変態プレイでも素直に受け止めてくれ

野外プレイやSMプレイ、アナルセックスも自分が興味あるプレイは、ほぼ全部ヤラせてもらった。

しかし、デメリットして束縛がかなり強い。

セフレとして付き合っているのに、完全に彼女ずらしてくる。

これは、メンヘラの特徴でもあるといえる、そもそも風俗嬢はほぼ90%の確率でメンヘラだからだ。

なので連絡が途絶えただけで鬼電されたり、ストーカーチックな非常に危険な面もある。

ただ、それを踏まえても風俗嬢とのセフレにできるのは美味しい。

実際に落としてセフレにした方法をお伝えしよう。

風俗嬢を落としてセフレにする攻略法は?

風俗嬢を落としてセフレにする攻略法として「とにかく優しく接する」ことだ。

風俗店にいき、いつものように一発抜いたらおしまい、のやり方ではセフレにはできない。

こちらが気持ちいいだけの接し方ではなく、風俗嬢のカラダをいたわるように、優しく接しよう。

また、精神面がいつも不安定なので、キャバ嬢攻略と同様、悩みをしっかり聞いてあげるのも効果的だ。

早い段階でLINEを聞き、いつも悩みや愚痴を聞いてあげる仲になれば、もっと良い。

お店の外で会うことが出来れば、あとはそのまま流れに任せてもヤルことはできる。

あとはメンヘラで嫉妬深い風俗嬢を、どれだけうまく管理できるかにかかっている。

ちなみに、管理人は連絡を無視し続けたら、マンションの玄関で待ち伏せされた経験もある。

どんなプレイでもヤラせてくれるが、そのあとの管理は彼女以上に大変なことを肝に銘じておこう。

セフレとしてキープするためには大きく分けて3パターン

上記の何らかのセフレを作る方法を実践し、実際にセックスまでできたとしよう。

それだけでも十分満足ではあるが、実際にリピートしないとセフレとは言えない。

ここでは、セフレとしてキープするためのポイントを説明していこう。

ちなみに、セフレとしてキープする場合、大きく分けて3つのパターンに分かれる。

要するに、この3パターンのどれかに当てはめなければ、こちらの都合の良いセフレにはなってくれないのだ。

それでは、それぞれ詳しく説明していこう。

うやむやにしてズルズルとセフレにする

実際、セフレを作る上で一番多いパターンはこの「うやむやにしてズルズルとセフレにする」だろう。

セフレというのは、「友達以上、恋人未満」の関係性がほとんどである。

女は、好きでもない相手とはセックスはしないし、惚れやすい生き物だ。

なので、セフレとして関係性を続けるには「今は忙しいから付き合うのは難しい」といいズルズルとひっぱるのが無難だろう。

セフレの関係を続ける以上、この言い訳をしながら、大切に思っているアピールも同時にする「飴と鞭戦法」でいくのが良い。

ハッキリと「セフレ関係がいい」と伝える

上記で説明した以外に、このハッキリとセフレ関係がいい、と伝えるのが良いパターンもある。

それは、相手が彼氏持ち・既婚者の場合である。

なぜなら、お互いに本気なったら困る関係性なので、ここであえてセフレという関係で!が成立する場合もあるのだ。

例えば、ここで何も言わずカラダの関係を続けると、秘密事として守れないケースがあり、女側が嫌がることもあるからだ。

そうならないためにも、セフレとしての関係でバレずに上手くやろう、決めたほうが関係が長続きする。

付き合っているフリをしてセフレ化する

最後は、上記の「うやむやにしてズルズルとセフレにする」が通用しない時、

やむを得ない場合、付き合っているフリをしてセフレ化するパターンだ。

フリをしてセフレ化する方法でもいいように思えるが、この場合、女は完全に彼女ずらをしてくるため、始末が悪い。

連絡を小まめに取らないといけないし、なによりセフレのヤるだけの関係というのが通用しにくいのだ。

ただ、最終的にどうしても付き合ってほしいと言われたら、こまめに会えない条件で付き合っているフリをしてセフレ化するのも

悪くはないだろう。

上記の3つのパターンが、セフレとしてキープするためのポイントだ。

どのパターンにも、必要なことはひとつ「セフレとしての距離感を一定に保つこと」である。

近づきすぎると、付き合ってほしいといわれ、遠すぎるとセフレとの関係が終わってしまう。

絶妙な距離感で居続けることが、セフレを長続きするための秘訣だ。

今回のパターンをしっただけでも、長く関係を続けるコツなので、肝に銘じておいてくれ。